夫婦の離婚手続きは問題がいっぱい

夫婦が離婚する。離婚の原因は不倫や暴力、借金といったものがあります。他にも結婚してから夫婦生活に馴染めず、または性格の不一致によって離婚することもあります。
離婚する夫婦は、離婚に向けた準備をはじめますが、離婚の手続きを離婚届を出すだけと思っている人もなかにはいるかもしれません。
実際には、離婚届を提出するだけで戸籍上では離婚は成立するわけですが、離婚をするとなると、様々な問題を片付けなくてはなりません。
夫婦に借金があった場合、その借金は離婚した夫婦のどちらが払うのか。
既に他界した両親から譲られた土地や物件は離婚するとどうなるのか。
子供の親権、監護権は夫と妻、どちらが持つべきか。
こうした問題が、後になって気がついたとして、離婚後に手続きを行うことができるのかも気になります。
離婚の手続きは、弁護士や行政書士に相談して、交渉や書類の作成を依頼することもできます。困ったときは専門家の意見を聞くことも忘れてはいけません。

離婚はした後の影響が大きので冷静に準備が必要です

離婚をすると決めたら注意すべき事が沢山あるのでとにかく冷静になる事が大事です。
特に相手の事が嫌で嫌で1日でも早く別れたいという思いが先走ると自分が思っていたのとは違う条件で離婚せざるを得なくなるケースが多いので慎重に事を進める必要があります。
離婚するに当たって決めておかないと揉める要因は大きく分けるとお金の事と子供の事に分けられます。お金の事は今あるかどうかと言うよりもまず冷静に財産と言われるものは何がどれ位二人の間に存在するのかを確認しておく事が必要です。もしかしたら隠し貯金があるかもしれません。
その上で財産分与をどうするのか、慰謝料をどうするのか、これは訴える側なのか訴えられる側なのかによって立場が変わってきますが先々将来の生活にもかかってきますので勢いで決めてしまわないようには注意が必要です。そして若い二人にはまだまだ先の事ではありますが年金分割についても話し合いが必要なポイントとなります。
そして子供のいる家庭においては、まずどちらが親権を取るのか、そしてその養育費は誰が支払うのか、離婚後会う事は出来るのか、出来ないのかなど決めて行かなくてはなりません。離婚を目の前にしている時は基本冷静でいられるはずは無いのですが、人生において影響のある決定をしなければならないので焦らず一つ一つを準備してしっかりと決めてから望む事が必要です。

女性が離婚をした時にデメリットになってしまう点

女性が結婚をした後に旦那が浮気をして離婚に発展してしまうケースもよくあるでしょう。旦那が浮気をすると感情的になってしまうので離婚をしたいという気持ちが強くなってしまいますが、デメリットになってしまう点もあるので注意しなければいけません。そこで女性が離婚をした時にデメリットになってしまう点をいくつか挙げていく事にしましょう。
・仕事に影響してくる
仕事を持っている女性が離婚をしてしまうと職場の人の視線が変わってきて変な目で見られてしまう事があります。それにより職場に居づらくなってしまい仕事にも影響が出てきてしまいます。次第にストレスが溜まってしまい精神的に参ってしまう事もあるので仕事を持っている女性が離婚をする時は慎重に考えてからにしましょう。
・子供に悪影響を与えてしまう
子供がいる女性が離婚をしてしまうとシングルマザーとして育てていきますが、父親が不在という事で子供が寂しく感じてしまう事があります。場合によっては子供が中学生や高校生になった時に荒れてしまう事もあるので注意が必要です。子供がいる女性も離婚をする時は慎重に考えてからにしましょう。
女性が離婚をするとこのようにデメリットになってしまう点もあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

熟年離婚で失うものは何か

定年を迎えてから熟年離婚をする場合は、子供は巣立っていることが多いので、養育費についての問題はありませんが、男女ともに若い時よりも失うもののほうが多いです。65歳を迎えれば、双方の親の介護が終わっているか、老人ホームに入居していることのほうが多いので、介護に関する問題も少ないです。
会社員であれば、やっとマイホームのローンが完済され、退職金も入ったばかりで、貯金と年金で生きていく始まりである時期なので、貯金額が最も多い時期だと言えるので、折半となると大変になります。
住宅は売却して資金を折半するのが原則なので、この年齢ではもう住宅ローンが組めないので一括購入するしかなくなるし、実家はすでにない確率が高いので住めず、部屋を借りるにも収入がないので、子供がいなければ住む場所を探すにも難航します。
再婚するにもなかなか難しい年齢だし、これからもずっと一人暮らしとなる人のほうが多いので、自身の介護や孤独死の不安が増大します。貯金額がお互いに減るどころか、女性は遺族年金の権利を失います。社交的な人であればまだいいのですが、ただでさえ定年後は他者との接触が少なくなるのに、会話をする人がいないということは、寿命を短くすることにも繋がり、認知症の発症率も高めます。

Copyright© パーフェクトな離婚の手続きで後悔しない離婚 All Rights Reserved.